お知らせ

プログラム

平成28年 9月17日(土)

会場 : 第一会場 福岡大学メディカルホール

一般演題 1 外傷

8:30-9:20

司会 貞広 智仁 ( 東京女子医科大学八千代医療センター 救急科 )
  平川 昭彦 ( 藤田保健衛生大学 災害・外傷外科 )

O1-1 骨盤骨折後の脂肪塞栓症候群2症例の検討
松岡 義 ( 慶應義塾大学病院 救急科 )
O1-2 当院における外傷シミュレーションの展望
神鳥 研二 ( 京都第二赤十字病院 救命救急センター 救急科 )
O1-3 両側肺挫傷に伴う重症急性呼吸促迫症候群に対しステロイド投与が奏効した一例
渋沢 崇行 ( 慶應義塾大学医学部救急医学 )
O1-4 気道熱傷患者における抜管の可否に及ぼす因子の検討
野田 智宏 ( 大阪市立大学大学院医学研究科 救急医学 )
O1-5 墜落を契機に発症した外傷性両側内頸動脈海綿静脈洞瘻 ( carotid cavernous fistula: CCF ) の一例
林 信孝 ( 長崎大学病院 救命救急センター )
O1-6 肺胞出血を伴う外傷性肺損傷に対して V-V ECMO を導入し、救命し得た一例
長島 亮太郎 ( 高知医療センター救命救急科 )
O1-7 交通外傷後に遅発性小腸損傷を発症し、術後胆嚢炎を併発した一例
石川 浩平 ( 順天堂大学医学部附属静岡病院 )

シンポジウム 1

9:20-11:00

私が考える救命医療の Evidence & Experience

司会 山下 典雄 ( 久留米大学病院 高度救命救急センター )
  北野 光秀 ( 済生会横浜市東部病院 救命救急センター・救急科 )

S1-1 外傷蘇生におけるdamage control
溝端 康光 ( 大阪市立大学医学部 救急生体管理医学教室 )
S1-2 栄養
小谷 穣治 ( 兵庫医科大学 救急・災害医学講座 )
S2-3 凝固線溶異常
射場 敏明 ( 順天堂大学医学部 救急災害医学研究室 )
S1-4 “呼吸障害・ECMO”
竹田 晋浩 ( 医療法人社団康幸会かわぐち心臓呼吸器病院 麻酔科学 )

特別講演

11:00-11:50

『 ワインにまつわる楽しい話 』

 演者  森田 英嘉 ( シェ・モリタ )
司会 池田 寿昭 ( 東京医科大学八王子医療センター 特定集中治療部 )

ランチョンセミナー

12:00-13:00

『 脳卒中急性期治療と新たな地域医療連携 』

 演者  岡田 靖 ( 国立病院機構 九州医療センター  脳血管・神経内科 )
司会 井上 亨 ( 福岡大学病院  脳神経外科学講座 )

一般演題 2 熊本地震

13:30-14:00

司会  喜多村 泰輔 ( 高知医療センター  救命救急センター )

O2-1 平成28年熊本地震 亜急性期における熊本県医療救護調整本部 ICT 活動報告
岩﨑 恵 ( 東京女子医科大学東医療センター救急医療科 )
O2-2 熊本地震における基幹災害拠点病院としての入院患者受け入れの報告 -次の災害に向けて支援力を向上させるために
牟田 隆則 ( 佐賀県医療センター 好生館・救命救急センター )
O2-3 熊本地震における指定外避難所での医療活動で明らかになった災害医療の課題
上田 敬博 ( 兵庫医科大学救命救急センター )
O2-4 災害急性期における医療と福祉の連携-平成熊本地震を経験して-
平川 昭彦 ( 藤田保健衛生大学 災害・外傷外科 )

特別企画 熊本地震

14:00-15:30

司会小井土 雄一( 独立行政法人国立病院機構災害医療センター 臨床研究部 )
熊本地震において災害医療コーディネーターが果たした役割
井 清司 ( 熊本県赤十字血液センター )
熊本地震を経験して(災害拠点病院の立場から)
高橋 毅 ( 熊本医療センター 救命救急センター )
熊本地震 消防と医療の連携
西岡 和男 ( 熊本市消防局 救急課 )
業務調整員から見た急性期から亜急性期への医療と環境の変化
馬渡 博志 ( 小波瀬病院 災害医療対策室 )
シンポジウム 2
 

14:20-15:30

司会 平 泰彦 ( 聖マリアンナ医科大学 救急医学)
  織田 成人 ( 千葉大学大学院医学研究院 救急集中治療医学 )
S2-1 敗血症をめぐる最新事情〜定義,ガイドラインはどうなる?
佐々木 淳一 ( 慶應義塾大学病院 救急科 )
S2-2 感染症
志馬 伸朗 ( 広島大学大学院医歯薬保健学研究院 応用生命科学部門 救急集中治療医学 )
S1-3 明日から使える、急性血液浄化療法施行時の抗菌薬投与の基本的考え方と実践
西田 修 ( 藤田保健衛生大学医学部 麻酔・侵襲制御医学講座 )






会場 :第二会場 福岡大学病院 新診療棟 多目的室 1

一般演題 3 薬剤・中毒・教育

8:30-9:20

司会  北澤 康秀 ( 近畿大学医学部附属病院 救命救急センター )
O3-1 セントジョンズワートと SSRI を同時期に摂取し、薬物相互作用が疑われた一例
玉垣 瑛 ( 社会医療法人財団白十字会 白十字病院 )
O3-2 当科における遺体を用いた緊急処置手技教育の効果と課題
安部 隆三 ( 千葉大学大学院医学研究院 救急集中治療医学 )
O3-3 悪性症候群発症後に急死した2症例~病理学的視点から~
狩野 亘平 ( 国立病院機構熊本医療センター 救命救急・集中治療部 )
O3-4 食塩過剰摂取から高ナトリウム血症に至った一例
泉谷 義人 ( 福岡大学病院 救命救急センター )
O3-5 醤油の大量摂取による高ナトリウム血症に対し急速大量補液にて救命できた一例
加賀 慎一郎 ( 大阪市立大学医学部附属病院 救命救急センター )
O3-6 Systemic inflammatory response syndrome によるグリコペプチド系抗菌薬の薬物動態変動
中野 貴文 ( 福岡大学病院・薬剤部 )
O3-7 悪性症候群治療中における心機能評価の重要性
籏本 恵介 ( 深川市立病院・救急部 )

一般演題 4 集中治療

9:20-10:10

司会  増野 智彦 ( 日本医科大学付属病院 高度救命救急センター )
O4-1 遺伝性有口赤血球症にともなった脊柱管内髄外造血巣による圧迫性胸髄症の一例
鈴木 悠 ( 長崎大学病院 医療教育開発センター )
O4-2 血漿交換が有効であった非典型溶血性尿毒症症候群の一例
浜内 和也 ( 福岡大学病院 臨床工学センター )
O4-3 多臓器不全を呈し急性血液浄化を含む集学的治療にて救命しえた腫瘍崩壊症候群の一例
坂本 透 ( 独立行政法人国立病院機構 長崎医療センター )
O4-4 集中治療における人工膵臓 「 STG-55 」 の使用経験
高尾 結佳 ( 福岡大学病院 臨床工学センター )
O4-5 リツキシマブ投与、人工呼吸器管理により救命しえた顕微鏡的多発血管炎の一例
龍溪 智史 ( 唐津赤十字病院 )
O4-6 リバーロキサバン内服により止血に難渋した食道静脈瘤の一例
大河原 悠介 ( 加古川市民病院 )
O4-7 血漿交換療法が奏功したHIV患者の Stevens-Johnsons syndrome の一例
角田 美保子 ( 東京女子医科大学病院 救急医学 )

一般演題 5 循環・心肺停止

10:10-11:00

司会  髙須 修 ( 久留米大学医学部 救急医学講座 )
O5-1 保存的治療を行った Salmonella O4 ( B群 ) による感染性胸部大動脈瘤の一例
入江 康仁 ( 聖隷横浜病院・救急科
O5-2 独歩退院したクモ膜下出血による、初期波形心室細動であった心肺停止の一例
加藤 隆之 ( 滋賀医科大学附属病院 総合診療部初期診療科 )
O5-3 経皮的心肺補助を用いて蘇生した高度低体温症の一例
須賀 弘泰 ( 伊勢崎佐波医師会病院 )
O5-4 急激な血行動態変動を呈した褐色細胞腫クリーゼ関連逆たこつぼ型心筋症の一例
石丸 晃成 ( 福岡赤十字病院 循環器内科 )
O5-5 肺血栓塞栓症から心肺停止に至った脊髄損傷の一例
泉谷 義人 ( 福岡大学病院 救命救急センター )
O5-6 RRS ( Rapid Response System ) における心肺停止前の起動率向上を目的とした介入
下澤 信彦 ( 聖マリアンナ医科大学救急医学 )
O5-7 妊娠12週の妊婦に発症した重症肺塞栓症の1例と, 当院での妊婦胸痛に対する取り組みについて
清水 真人 ( 聖路加国際病院 救急部・救命救急センター )

一般演題 6 呼吸

11:00-11:50

司会  森口 武史 ( 山梨大学医学部 救急集中治療医学講座 )
O6-1 抜管後呼吸不全予防における High Flow Nasal Cannula Oxygen の有効性の検討
竹田津 史野 ( 東京女子医科大学東医療センター 救命救急センター )
O6-2 呼吸器障害を伴う縁取り空胞を伴う遠位型ミオパチーの一例
中川 拓也 ( 長崎大学病院医療教育開発センター )
O6-3 ECMOにより救命したインフルエンザ B 感染による小児二次性 TMA 疑い例
齋藤 大輝 ( 千葉大学大学院医学研究院 救急集中治療医学 )
O6-4 高度肥満患者の呼吸不全に対しV-V ECMO を導入した一例
櫻井 良太 ( 佐賀大学医学附属病院高度救命救急センター )
O6-5 誤嚥性肺炎による急性呼吸窮迫症候群に対し集中治療を行い救命し得た一例
康 美理 ( 東京女子医科大学 救急医学 )
O6-6 急性呼吸不全で来院し、診断に苦慮した重症筋無力症クリーゼの一例
森戸 知宏 ( 東京女子医科大学八千代医療センター )
O6-7 インフルエンザ肺炎による重症呼吸不全に対してECMO導入を要した二例
森本 紳一 ( 沖縄県立南部医療センター・こども医療センター )

一般演題 7 敗血症 Ⅰ

13:20-14:10

司会  矢口 有乃 ( 東京女子医科大学 救急医学 )
O7-1 岩手県高度救命救急センターにおける敗血症性 DIC の検討
遠藤 重厚 ( 盛岡友愛病院 )
O7-2 敗血症性 DIC におけるアンチトロンビン製剤とリコンビナントトロンボモジュリン併用投与の有効性の検討
高橋 宏之 ( 東京女子医科大学東医療センター救急医療科 )
O7-3 敗血症性 DIC の重症度をプレセプシンン値は良く反映する;大腸穿孔症例における検討
小豆嶋 立頼 ( 盛岡友愛病院 消化器内科 )
O7-4 プレセプシン, プロテイン C 活性およびトロンボモジュリンを継続して検討した敗血症性 DIC の三例
高橋 学 ( 岩手医科大学医学部救急・災害医学講座 )
O7-5 敗血症性免疫不全に対する PMX-DHP の免疫学的効果に関する検討
小野 聡 ( 東京医科大学八王子医療センター 特定集中治療部 )
O7-6 敗血症患者の初期治療における優先事項は循環管理である
今長谷 尚史 ( 佐賀大学医学部附属病院高度救命救急センター )

一般演題 8 敗血症 Ⅱ

14:10-14:50

司会  小野 聡 ( 東京医科大学八王子医療センター 特定集中治療部 )
O8-2 ダニ咬傷で来院した際にSFTSを血液検査で見抜くことは可能か?
政岡 未紗 ( 高知医療センター 救命救急センター )
O8-3 敗血症性ショック患者における血管弛緩因子と血管収縮因子を継続して検討した一例
星川 浩一 ( 岩手医科大学医学部救急・災害医学講座 救急医学分野 )
O8-4 剖検を行った侵襲性髄膜炎菌感染症の一例
坂田 寛之 ( 兵庫医科大学 )
O8-5 心停止を来したガス壊疽による敗血症患者の一例
秋丸 理世 ( 岩手県高度救命救急センター )
O8-6 敗血症加療中に重症薬疹を合併し、治療に難渋した一例
齊藤 眞樹子 ( 東京女子医科大学 )

一般演題 9 敗血症 Ⅲ

14:50-15:30

司会  阪本 雄一郎 ( 佐賀大学医学部 救急医学 )
O9-1 可逆性脳梁膨大部病変を伴う脳炎/脳症 ( MERS ) を呈したレジオネラ肺炎の一例
久保 祐輝 ( 鹿児島大学救急集中治療部 )
O9-2 肺炎球菌性虫垂炎から二次性腹膜炎を発症し膵十二指腸壊死を合併した一例
森田 敏夫 ( 久留米大学病院高度救命救急センター )
O9-3 Pasteurella multocida 感染症により左上肢切断に至った一例
瀬川 悠史 ( 藤田保健衛生大学病院 救急総合内科 )
O9-4 全大腸壊死、腹腔内膿瘍を形成した劇症型アメーバ性大腸炎の一救命例
塩田 浩平 ( 日本医科大学 高度救命救急センター )
O9-5 肺炎球菌性髄膜炎が眼内炎に至った一例
岩田 隆一 ( 兵庫医科大学救命救急センター )

▲ページトップへ戻る